歯磨きしながら小顔美人を目指す方法!


花子
美しくなりたい!それは、女性なら誰もが必ず願うこと。
美人の定義や感覚は人によって様々ではありますが、引き締まった身体やバランスの良さは確実に女性を美しく見せてくれます。
顔がきゅっと小さかったら、それだけスタイルも良く見えますよね。

歯磨きで小顔美人を目指す

麗子
あら?どうしたの?
鏡をじーっと見て。

花子
この丸い顔もう少しどうにかならないかなーと思って……。

麗子
とってもキュートだと思うけれどね。
気になるなら、簡単に出来るエクササイズを教えましょうか?

花子
え!?知りたい!
教えてくださーい!

まずは顔が大きく見える原因を知ろう

家系の遺伝や生まれ持った骨格が原因だと思って、あきらめていませんか?
もちろんそれも関係あるのは事実です。しかし、それ以上に、日々の生活によって顔が大きくなっていることも。
顔が大きくなる代表的な原因をご紹介しましょう。
 
顔の筋肉のゆるみ
顔には表情筋と呼ばれる目や口、鼻などを動かす30種類以上の筋肉があります。この筋肉が加齢や無表情などによって衰えてくると、どんどんゆるんできてしまいます。その結果、顔が膨張して見えてしまいます。
 
顔についた脂肪
筋力が低下してゆるむと脂肪燃焼力も弱まります。その結果、顔に脂肪がつきやすくなり顔が大きく見える原因に。
 
顔の筋肉のコリ
無意識に歯を食いしばることが多い人は、アゴ周りの筋肉にコリが生じて張ってきます。
 
顔のむくみ
動脈の血管に含まれる水分が血管の外ににじみ出て、血管外の細胞内にたまることでむくみが起こります。水分を摂りすぎたり、血行が悪くなっていたりするとむくみやすくなります。
 

歯ブラシ一本で小顔になろう!歯磨き中は美の黄金タイム

麗子
花子ちゃんは、毎食後歯磨きしてるわよね?

花子
もちろんです!
歯科医院に勤める者として当然のことです!

麗子
その時に、ちょっとした動きをプラスしてみて。
歯磨きが終わってうがいをしたら、歯ブラシをもう一度お口に入れて。
歯ブラシの背の部分をほうれい線の始まりがある小鼻の脇に押し当てるの。
そのまま痛くならない程度に、歯ブラシを徐々に下に移動させていって。
下までついたら逆戻りしない。
また、小鼻の脇に戻って5回ほど繰りかえすの。

花子
歯ブラシを使ったマッサージ!?

麗子
そういうこと。同時に両方の頬も内側からぐーと押してみて。
口の中のツボや筋肉を内側から刺激することで、血行促進やコリが解消されて小顔効果が期待できるの。

花子
すごーい!

麗子
唾液の分泌量も増して、細胞の修復に欠かせない成長ホルモンという成分も多く作り出されるようになるから、美肌にも効果的なのよ♪

 
また、食後すぐに歯磨きをする習慣を身につけることで、ダラダラ食べるのを防ぐダイエット効果も期待できます。
 
そして、口の中に入れる以外の歯ブラシの斬新な使い方も。

歯ブラシを平行になるように口にくわえて、そのまま「あ・い・う・え・お」をの形で口を大きく3回動かします。
頬の筋肉を鍛え、輪郭をシャープにすることが出来ます。
 

麗子
普段、表情筋を意識することが少ないでしょう?
でも、歯磨きと同時にこのエクササイズやマッサージを取り入れたら、負担なく小顔美人を目指せるというわけ。

花子
ズボラな私でも、この方法なら出来そう。
早速、今日から試してみます!

 
バランスの良い食事や、全身の運動、十分な休息や睡眠という健康的な生活の上に、プラスしてご紹介したケアを行えば、効果はより一層期待できるでしょう。
くれぐれもお口の粘膜を傷つけないように、無理のない範囲で実践してくださいね。

 

参照サイト