マウスウォッシュは本当に口臭予防になるのか!?


花子
お口の臭い……気になりますよね。
自分では気付きにくい上に、人に指摘するのもされるのも気を遣うもの。
そこで、手軽な口臭予防グッズとして、マウスウォッシュを使う方も多いと思います。
実際のところ、効果はどうなのでしょうか!?

コラム2・マウスウォッシュ

花子
歯科で働く者として歯磨きはもちろん、マウスウォッシュも使ってケアばっちり!
と思っていたけれど、本当に効果があるの?なんてことまで考えたことなかったです。

麗子
そういう人って案外多いと思うわ。
メーカーのCMを見てなんとなく使ってるというようなね。

花子
先生、実際どうなんですか!?

歯科太郎
そうだね。
その前にまずはマウスウォッシュがどういうものなのかを説明しよう。

マウスウォッシュ?デンタルリンス?デンタルウォッシュ?色々あるけれど……。

色々な呼び名がありますが、薬用成分や殺菌成分の含まれた液体のことを指します。
日本語ですと、「洗口剤」「液体歯磨き」といったところでしょうか。
各メーカーごとに様々な効能を打ち出し、アピールしています。
 

花子
マウスウォッシュのピリピリした感じが苦手なんですけど、あれが効きそうな気がして。

歯科太郎
洗口液の基本的な成分は、水とエタノール。
エタノールとはアルコールのことで、様々な成分を溶かす溶剤として使用されているんだ。

麗子
つまり、エタノール自体に何か歯に良い効果があるわけじゃないんですね?

歯科太郎
そういうことになるね。
低刺激をうたって、エタノールを含まないノンアルコールの洗口液も発売されているんだよ。

 
洗口液の成分としては、上記の水、エタノールの他、湿潤剤としてのソルビットやグリセリン、成分を整える為に界面活性剤や香味剤、保存剤、ph調整剤等も含まれています。
 
花子
じゃあ、実際の薬用成分はどういったものなんですか?

歯科太郎
歯肉の血行促進に効果があるとされるビタミンEや、歯周病菌の殺菌に効果があるとされるトリクロサン、口臭予防の効果が期待される、メントールやシオネール等がある。

麗子
メントールって、スースーしてスッキリしますよね。

歯科太郎
そう。まさにそれこそが洗口液の一番の特徴かもしれない。

ずばり!マウスウォッシュは効果あるの!?

結論から言うと、口臭にはある程度の効果が認められます。
「ある程度の」というのは、口臭の原因によっては、マウスウォッシュが意味をなさない場合も出てくるからです。
 
口臭の主な原因としては、下記が挙げられます。
・匂いの強い食べ物による臭気
・起床時や緊張した時に発する生理的口臭
・歯周病や虫歯等による口臭
・内臓疾患(胃腸や呼吸器系)による病的口臭
 
起床時等に起こる生理的口臭や匂いの強い食べ物が原因の口臭は、洗口液に含まれている清涼成分によって、ある程度臭いが抑えられるでしょう。
 
虫歯や歯周病、ましてや内臓疾患が原因の口臭は、その原因を取り除かない限り完全に消し去るのは難しいのです。
 

歯科太郎
誤解しないで欲しいのは、洗口液はあくまでも歯磨きの補助として使ってこそ意味があるということだね。

花子
どういうことですか?

歯科太郎
洗口液に薬用成分が含まれているものの、バイオフィルムという複数の細菌が生息している頑固なバリアを除去する程の効果はないんだ。

麗子
歯周ポケットの内部までは届かないんですね。

歯科太郎
そう。軽度の歯肉炎予防等には、多少効果は認められるものの、洗口液を過信するのはオススメできないんだよ。

花子
やっぱり、口臭の原因である虫歯や歯周病の予防にはブラッシングが一番!なんですね。

 
医学的な効果は認められないものの、口の中がスッキリするというのは事実。お口のケアのひとつとして、上手にマウスウォッシュを使って下さいね!

 

参照サイト